屋久島で新種のゾウムシ

東京農大、近く本格調査

©一般社団法人共同通信社

屋久島の世界自然遺産登録地域で見つかった新種のゾウムシ=鹿児島県屋久島町(撮影・小島弘昭)

 鹿児島県・屋久島の世界自然遺産登録地域で、小島弘昭東京農業大農学部教授らの調査チームが、ゾウムシの新種を見つけたことを13日、明らかにした。同島の自然の豊かさを改めて示す発見で、近く本格的な調査に乗り出す方針。

 共同で調査する養老孟司東京大名誉教授とともに学名を付け、11月30日に福岡市で始まる日本甲虫学会で発表予定。年内にも刊行される学会の英文誌で詳細を公表する。

 小島教授によると、発見場所は島のほぼ中央にある投石岳(1830メートル)の南西側の投石平。6月と7月の現地調査で、ヤクシマアセビの葉に複数の個体がいるのを確認し、撮影に成功した。

新種のゾウムシが見つかった鹿児島県・屋久島の投石平(撮影・小島弘昭)