台湾総統、米の「武器調達正当」

NYで支援に謝意

©一般社団法人共同通信社

米ニューヨークで記者団の取材に応じる台湾の蔡英文総統=12日(共同)

 【ニューヨーク、ワシントン共同】中国政府が台湾への武器売却に関与した米企業に制裁を実施すると表明したことについて、台湾の蔡英文総統は12日、米国製の武器調達は自衛のための正当な行為だと訴え、米政府による支援に謝意を表明した。滞在中の米ニューヨークで記者団に語った。

 蔡氏は中国政府による制裁について「私たちが防衛能力を強化する機会を模索するのは極めて正当なことだ」と反論。

 中国が蔡氏の渡米に反対を表明したことについては「われわれは国防を強化し、民主主義を守るために長年努力してきた。隣人にとやかく言われる筋合いはない」と反発した。