山車にひかれた男性死亡、大分

臼杵祇園まつりで

©一般社団法人共同通信社

 大分県臼杵市で12日から開かれている「臼杵祇園まつり」で、山車にひかれ意識不明の重体だった同市臼杵の介護士河村辰彦さん(54)が13日未明、搬送先の病院で死亡した。臼杵津久見署が明らかにした。死因は出血性ショックだった。

 関係者らによると、河村さんは12日午後8時20分ごろ、山車の前を歩いて方向を指示し、先導していたが、転んでひかれたという。山車には大人15人ほどが乗り、重さは数トンあったという。県警は関係者に話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べている。

 臼杵祇園まつりは江戸時代から続く伝統的な祭りで、県の指定無形民俗文化財となっている。