全国高校野球選手権長崎大会 第2日

©株式会社長崎新聞社

 第101回全国高校野球選手権長崎大会第2日は12日、長崎市の県営ビッグNスタジアムと佐世保市総合グラウンド野球場で1回戦6試合が行われ、島原、西彼杵、清峰などが2回戦に進んだ。
 島原は粘り強い守備で長崎西を1-0で完封。鹿町工は毎回安打で諫早商・島原翔南を12-2の五回コールドで破り、西彼杵も中盤からの打線が活発で諫早東に9-2で七回コールド勝ちした。
 上五島は序盤に主導権を握って佐世保高専に9-2、佐世保商は六回に大量点を奪って国見に8-1とともに七回コールド勝ち。清峰も攻守がかみ合い長崎南を7-0の八回コールドで退けた。