清峰8回コールド勝ち エース太田、制球力光る

©株式会社長崎新聞社

【1回戦、清峰―長崎南】8回を被安打5で零封した清峰のエース太田=佐世保市総合グラウンド野球場

 清峰が長崎南に八回コールド勝ち。11年ぶりの夏の甲子園に向け、まずは初戦を突破した。井手監督は「硬さもあったが、一生懸命に頑張ってくれた」とうなずいた。
 エースの右腕太田が8回無失点と試合をつくった。初回は連打を浴びるなど苦しんたが、二回以降は徐々に調子を上げた。持ち味の制球力を生かし、打たせて取る丁寧な投球を披露。打線も三回までに6点を奪って優位に立った。ただ、四~七回はフライが多く、いずれも三者凡退。「積極的に振るという自分たちの良さが出せなかった」(井手監督)と課題も残った。
 次戦はシードの長崎日大。昨秋と今春の県大会で4強入りしており、総合力は高い。井手監督は「相手は力のある投手がいて、まとまりもある。とにかく一生懸命やるだけ」と意気込んだ。