〔出梅〕奄美地方が梅雨明け、期間降水量は平年よりかなり多く(7/13)

©株式会社レスキューナウ

鹿児島地方気象台は13日11:00、奄美地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。昨年より17日、平年より14日遅くなっています。
期間は60日間と昨年の倍、平年よりも11日長くなり、降水量はかなり多くなりました。

【梅雨期間降水量】(速報値)
      降水量/平年値(mm)
・名瀬    975.5/648.1
・沖永良部  879.0/432.4

【各地の梅雨明け時期】(気象庁)
      2018年  平年    2019年   昨年比/平年比
沖縄    06/23頃 06/23頃  06/29頃  6日遅く/6日遅く
奄美    06/26頃 06/29頃  07/13頃  17日遅く/14日遅く
九州南部  07/09頃 07/14頃
九州北部  07/09頃 07/19頃
四国    07/09頃 07/18頃
中国    07/09頃 07/21頃
近畿    07/09頃 07/21頃
東海    07/09頃 07/21頃
関東甲信  06/29頃 07/21頃
北陸    07/09頃 07/24頃
東北南部  07/14頃 07/25頃
東北北部  07/19頃 07/28頃

【各地の梅雨期間】(気象庁)
      2018年  平年    2019年   昨年比/平年比
沖縄    22日間  45日間   44日間  22日長く/1日短く
奄美    30日間  49日間   60日間  30日長く/11日長く
九州南部  34日間  44日間
九州北部  34日間  44日間
四国    34日間  43日間
中国    34日間  44日間
近畿    34日間  44日間
東海    34日間  43日間
関東甲信  23日間  43日間
北陸    30日間  42日間
東北南部  34日間  43日間
東北北部  38日間  44日間

※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。