川崎氏、台湾でコーチ就任会見

「選手兼任」表明

©一般社団法人共同通信社

13日、台北市で記者会見する川崎宗則氏(共同)

 【台北共同】プロ野球ソフトバンクや米大リーグで活躍した川崎宗則氏が13日、台北市で記者会見し、台湾プロ野球(CPBL)に復帰する味全の客員コーチ就任を発表し「選手として9割、コーチとして1割です」と述べ、現役続行を表明した。

 2018年3月に体調不良でソフトバンクを退団したが「体調は75パーセント回復している。一番いいプレーができるときは73パーセント。問題ありません」と述べ、現役続行に自信を示した。

 味全は1999年にCPBLを脱退したが、今年6月に復帰が決まった。来年は2軍でスタートし、1軍には2021年から参戦する。

川崎宗則氏