自民が比例31%へ上昇、参院選

選挙区で野党系微増、電話調査で

©一般社団法人共同通信社

第2回トレンド調査の主な結果

 共同通信社は12、13両日、参院選の有権者動向を探る全国電話世論調査(第2回トレンド調査)を実施した。比例代表の投票先は、最多の自民党が前回調査(6月26、27日)と比べ2.2ポイント増の31.0%に上昇した。2位の立憲民主党は7.2%で1.8ポイント落とし、自民、立民の差が広がった。選挙区での投票先を「与党系候補」とした回答は0.9ポイント増の32.2%。「野党系」は1.5ポイント増えて21.8%だった。

 安倍内閣の支持率は46.5%。前回より1.1ポイント減ったが、不支持率も3.8ポイント減り40.3%だった。