ホテル占拠し銃乱射、26人死亡

ソマリア、著名記者も犠牲

©一般社団法人共同通信社

 【ナイロビ共同】ソマリア南部の港湾都市キスマユで12日夜、武装集団がホテルに自爆攻撃を仕掛けた後、銃を乱射して建物を占拠した。治安部隊が13日朝に鎮圧したが、26人が死亡し50人以上が負傷した。イスラム過激派アルシャバーブが犯行声明を出した。ロイター通信などが報じた。

 ホテルでは、地元で予定される選挙に関する会合が開かれていた。選挙の候補者のほか、カナダ育ちの著名なソマリ人女性記者ホダン・ナレイ氏ら複数の記者も殺害された。

 武装集団はホテルの入り口を破壊して侵入。約10時間立てこもったという。ソマリアの記者協会は「とても悲しい日だ」と声明を発表した。