全セ11―3全パ(13日)

全セが大勝

©一般社団法人共同通信社

1回、先頭打者本塁打を放った近本を迎える全セナイン=甲子園

 全セが毎回の20安打で11点を奪い大勝した。一回に近本の先頭打者本塁打などで2点を先制。二回に原口と梅野の2者連続ソロと筒香の4年連続本塁打となる3ランなどで6点を奪った。その後も鈴木のソロなどでリードを広げた。

 全パは投打に精彩を欠いた。打線は三回に西川の右前適時打と吉田正の2ランで3点を返すのが精いっぱいだった。