「沖縄ハーバービューホテル」の名が復活 リブランド記念キャンペーン実施

©株式会社沖縄タイムス社

ホテル名の除幕セレモニーを開く(左から)ホテルマネージメントジャパンの荒木潤一運営本部長、沖縄ハーバービューホテルの齊川慶一総支配人=那覇市泉崎

 ホテル運営を手掛けるホテルマネージメントジャパン(東京都、東俊三代表)は12日、那覇市泉崎のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューの運営を引き継ぎ、ホテル名を1975年の開業当初の「沖縄ハーバービューホテル」に変更した。シーサーをイメージしたロゴマークも復活。同日、ホテル正面に付け替えた新サインを報道関係者に披露した。

 総支配人は、同社が運営するオキナワマリオットリゾート&スパ総支配人も務める齊川慶一沖縄エリア総支配人が兼務する。齊川氏は「伝統をこれからも大事にしながら、多様化するお客さまのニーズに対応していく」と抱負を述べた。

 荒木潤一運営本部長は「ホテルは地域と一体で発展していく。伝統と格式を重んじながら、革新を加えてより良いホテルにしたい」と話した。

 同ホテルは「リブランド記念」と銘打ち、宿泊やレストラン、ラウンジの利用者を対象に、宿泊券やランチ券、ディナー券が250人に当たるキャンペーンを、12日~9月30日まで実施する。