テニス、ハレプがセリーナ下しV

ウィンブルドン選手権

©一般社団法人共同通信社

女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズに勝利し喜ぶシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(AP=共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第12日は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス決勝は第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第11シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6―2、6―2で下し、初優勝を果たした。ウィンブルドンでルーマニア勢のシングルス制覇は男女を通じて初めて。

 27歳のハレプは四大大会で昨年の全仏オープンに続く2勝目で、優勝賞金235万ポンド(約3億2千万円)を獲得した。

女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(右)に勝利し、初優勝を果たしたシモナ・ハレプ=ウィンブルドン(共同)