フェルスタッペン、PPから0.2秒差に複雑な心境「ターボラグの問題がなければ首位を狙えた」レッドブル・ホンダ F1イギリスGP

©株式会社サンズ

 2019年F1イギリスGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番手だった。

 フェルスタッペンはFP3で5番手。予選Q1はソフトタイヤで3番手となりQ2に進出。Q2ではミディアムで4番手タイムをマーク。これにより決勝をミディアムタイヤでスタートすることが確定した。Q3ではソフトタイヤでアタック。最初のランでは3番手につけるが、最終的にメルセデス勢とフェラーリのシャルル・ルクレールに続く4番手となった。

 フェルスタッペンの予選タイムは1分25秒276で、メルセデスのバルテリ・ボッタスのポールポジションタイム1分25秒093との差はわずか0.183秒、ひとつ上のルクレールとの差は0.104秒だった。

2019年F1第10戦イギリスGP土曜 「007」のスペシャルカラーリングが施されたレッドブルRB15・ホンダに乗るマックス・フェルスタッペン

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=4番手
 セカンドロウを確保できてとても喜んでいる。予選前には快適に走れる状態ではなく、最適なバランスを見つけられずにいた。高速コーナーがあるこのサーキットでは、マシンに100パーセントの自信を持てる状態で走れなければ、いいラップタイムを出すことは難しい。

 予選に向けて改善を加えたところ、マシンがとてもいい状態になった。すごくいいセットアップを見つけ出せたんだ。

 残念だったのは、(スロットルを開けた際に出力の反応が遅れる)ラグの問題があったこと。そのために低速コーナーからの立ち上がりでタイムを失った。

 ポールポジションとのタイム差がこれほど小さかったことからして、すべてが完璧な状況ならポール争いができたはずなので、その点では複雑な気分だ。

 でも、ストレートに最適なウイングレベルを見つけ出したし、僕らは通常、予選よりもレースでの方がいいパフォーマンスを発揮できる。それに予選でいいバランスを見つけられたから、決勝に向けてかなり自信を持っているよ。

 このサーキットではタイヤにかかる負荷がとても高いから、戦略がとても重要になるだろう。全力で攻めていくよ。いい戦いができるといいね。

(自身の公式サイトで語り)ターボラグがひどかった。そのせいでコーナーからストレートに入るところでマシンがうまく加速しなかった。エンジン(の出力)に少し遅れがあり、それがラップタイム上のロスにつながったんだ。ただ、マシンの感触はよかったので、それについては満足している。

(メルセデスにチャレンジできるかと聞かれ)やってみるよ。

(formula1.comのインタビューで語り)一日中、ターボラグの問題が出ていた。低速コーナーの出口で、望んだようなパワーが出ないんだ。通常なら何とか解決できるのに、今日はできなかった。スロットルを開けても、何も起こらない。でも次の瞬間に突然パワーが出る。その影響で、コーナー出口のほとんどでパフォーマンスを失い、その後のロングストレートでもタイムをロスした。
 いいラップを走れたけれど、ターボラグが残念だった。それによるタイムロスがなければ、ポール争いができたと思う。

(決勝でのフェラーリとの戦いについて)正直言って、彼らが(ソフトタイヤでスタートするという)あの戦略を選んだ理由が理解できない。明日になれば分かるだろうけどね。タイム差が小さいから、彼らが簡単に遠ざかっていくようなことはないと思うよ。