バド、志田・松山組が決勝進出

全米オープン

©一般社団法人共同通信社

 バドミントンの全米オープンは13日、カリフォルニア州フラートンで各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスで志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)が2―1で中国ペアを下し、決勝に進んだ。

 女子シングルスの峰歩美(再春館製薬所)と、男子ダブルスの岡村洋輝(日本ユニシス)小野寺雅之(早大)組は敗れた。(共同)