このホラー映画がものすごくヤバイ!ホラーなんでもNo.1!

©株式会社近代映画社

国内外のファンタスティック映画祭に頻繁に出席されている映画評論家の塩田時敏先生。特にホラーに関しては一家言をお持ちの塩田先生に、ホラー映画界におけるなんでもナンバーワンを(独断と偏見もこめて)決めていただきました。異論もありましょうが、これはこれで楽しんでいただければ!(文:塩田時敏/デジタル編集:スクリーン編集部)

鏡よ鏡、ホラー1番の美女は誰?

[ アルバムはこちら ]

ホラー映画の美女は別名“スクリーム(絶叫)クイーン”と呼ばれ、「サイコ」の半裸シャワーシーンでお馴染みジャネット・リーが一番、とされるのが定説。また、その実娘で「ハロウィン」のジェイミー・リー・カーティスがトップの声もある。なるほど40年ぶりの新作「ハロウィン」でもなかなかの熟女、美魔女ぶりで、あなどれない。

個人的には「怪人スワンプシング」のヘザー・ロックリアもいいが、共演のモニーク・ガブリエル、「ザ・フライ」のジーナ・デイヴィス、「ZOMBIO/死霊のしたたり」のバーバラ・クランプトン、「エンティティー/霊体」のバーバラ・ハーシーも捨てがたい。

「エンティティ―/霊体」のバーバラ・ハーシー

アメリカンニューシネマの埋もれた佳作「去年の夏」のサンディこと、熟したバーバラ・ハーシーが悪霊から鏡に押し付けられ、後背位で責められるのだから堪らない。あぁ~ん鏡よ鏡、これがホントの背後霊。おぉっと、主観に走りすぎたな(笑)。

客観的に言うなら「フェノミナ」のジェニファー・コネリーに止めを指す。当時14歳の、文字通り悪い虫がうじゃうじゃと寄ってたかった美少女だ。Jホラーのアメリカリメイク「ダーク・ウォーター」に主演も張ってくれたので、絶叫クイーン認定!

「フェノミナ」のジェニファー・コネリー

世界興行収入ホラー映画第1位

[ アルバムはこちら ]

シリーズ全体では「死霊館」シリーズが1500億円を上回る興収を上げているが、単独ではスティーヴン・キング原作の「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」が、R指定ホラーとして744億円以上を稼ぎだしてトップ。今後、非R指定ホラー「シックス・センス」の766億円を越えられるかが勝負だ。

ちなみに、低予算で高収益をあげたコスパのいいホラーのナンバー1は、2018年、日本の映画業界の台風の目となり社会現象ともなった上田慎一郎監督「カメラを止めるな!」。制作費は300万円しか掛かってない自主制作映画の興行成績が、現時点でまさかの30億円越え。

1番認められたホラー

「スリラー」

マイケル・ジャクソンの「スリラー」のMVは、「狼男アメリカン」の名コンビ、ジョン・ランディス監督とリック・ベイカーの特殊メイクによる傑作短編。その出来の素晴らしさと歴史的価値から、2009年に短編映画としては初めてアメリカ国立フィルム登録簿に登録され、アメリカ議会図書館でフィルムが永久保存されている。

ちなみにナレーションと印象的な笑い声を担当したのは、ホラーの名優ヴィンセント・プライス。なお、「悪魔のいけにえ」はその芸術的観点から、ニューヨーク近代美術館に収蔵されている。

「悪魔のいけにえ」

1に血糊2に血糊3、4がなくて5に血糊

[ アルバムはこちら ]

大量の血糊を発注ミスした(笑)ので作ったらしい「血の祝祭日」。ホラー史上一番血糊を使ったと言われているのは「ブレインデッド」。でも、バケツ一杯ぶっかけられる「キャリー」の方が多い気も。

ちなみに、よくB級ホラーの撮影地となるカナダでは、メイプルシロップをベースに血糊を作るとか。あのトロみが絶妙らしい。舐めても美味し!

ホラーなのに1番泣ける映画

「ザ・フライ」

これはもう、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「ザ・フライ」にとどめ。愛する人が電送で、蝿になっちまうなんて!女の背中と男の胸を合わせるラブシーンは、クローネンバーグ得意のポジション。クローネンバーグのホラーは、どれも哀しみを湛えている。

映画より怖い!1番呪われた映画

「ポルターガイスト」

俗に言われているのは「ポルターガイスト」3部作。1の公開直後に長女役のドミニク・ダンが元カレに絞め殺される。2の公開後には牧師役のジュリアン・ベックと祈祷師役のウィル・サンプソンが次々他界。

極めつけは3の撮影直後、次女役ヘザー・オルークが、なんと12歳の若さで急死する。撮影現場で本物の人骨を使った呪いと言うが…。真相を確かめようにも、監督のトビー・フーパーももういない。

犠牲者数ナンバー1ホラー

「ドラキュラZERO」

実はフレディもジェイソンも、殺人数ではたかが知れている。劇中5687人を虐殺したのは、「ドラキュラZERO」のヴラド三世。通称“串刺し公”、またの名を“ドラキュラ”!実際にはトルコ軍勢数万人を皆殺し。

1等くだらないホラー?

「死霊の盆踊り」

数え挙げたらきりがない(笑)、がA・C・ステファン監督「死霊の盆踊り」を上回る、いや下回るホラーはないはず。ただただ死霊!?役の女優が墓場でストリップ。でも嫌いじゃないんだなぁ、この能天気(笑)。

1番痛いホラー

欧米では史上最高に痛い映画(生理的に)とされているのが、三池崇史の衝撃的ホラー「オーディション」。イーライ・ロス監督「ホステル」に三池崇史が出演し、三池崇史監督「スキヤキウエスタンジャンゴ」にタランティーノが出演する、東西映画文化交流の発端となった。

WPのロッテルダム映画祭で、ご婦人が三池監督の前で、“悪魔!”と罵倒し退場する一方、国際批評家連盟賞を受賞。一足先に帰国した三池監督に代わり、筆者が賞を受け取ったのも懐かしい(笑)

三池崇史監督

ホラーといえばジェームズ・1(ワン)監督

ジェームズ・ワン監督

ONEではなく、正しくはJames Wan。漢字で書いたら温子仁。「ソウ」シリーズや「死霊館」シリーズ等、大ヒットホラーを連発し、今やDC映画「アクアマン」を監督する、オーストラリアのアジア系監督だ。まさしく現代アメリカン・ホラーのナンバー1監督。一度は“もうホラーには関わらない”宣言をしたが、あっという間に「死霊館エンフィールド事件」の監督で復活(笑)。

一昔前、ホラーといえばサム・ライミだった(!?)が、「死霊のはらわた」シリーズで名を成したこの監督、根っからのホラーオタクかと思いきや、ホラーは投資家からの資金を集めやすいから「死霊のはらわた」にしたんだとか。なんと憎らしいことを(笑)。

「バッド・テイスト」「ブレインデッド」のピーター“ホビット”ジャクソン監督もそうだが、ホラーはファンタスティックな巨匠への道の通過儀礼なのだ。

Photo by Getty Images

こちらも合わせてどうぞ!

2019年夏・秋は来るぞ…!ホラー新作最強軍団超まとめ

2019年夏・秋は来るぞ…!ホラー新作最強軍団超まとめ - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

【保存版】名作ホラー20! 一度は観ておきたい映画たち

【保存版】名作ホラー20! 一度は観ておきたい映画たち - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)