熊野那智大社で「扇祭り」

和歌山、炎の乱舞が観客を魅了

©一般社団法人共同通信社

熊野那智大社の例大祭「那智の扇祭り(火祭)」で、燃えさかる大たいまつを担いで参道を練り歩く白装束の氏子ら=14日午後、和歌山県那智勝浦町

 和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で14日、例大祭「那智の扇祭り(火祭)」が開かれた。大たいまつを担いだ白装束の氏子らが那智の滝前で炎の乱舞を繰り広げ、大勢の観客を魅了した。

 神々が年に1度、12体の扇みこしに乗り、那智の滝に戻るとされる神事。最大約50キロの大たいまつ12本が滝前の参道で扇みこしを出迎えた。

 雨で増水した那智の滝はごうごうと音を立て、迫力ある姿を見せた。氏子らは「ハーリャ、ハーリャ」と勇ましい掛け声を上げながら大たいまつを担いだ。

 三重県四日市市の山口尚文さん(71)は「初めて来たが、神秘的な雰囲気で感動した」と喜んでいた。