国家エキシビション・コンベンションセンターでごみ分別 上海市

©新華社

国家エキシビション・コンベンションセンターでごみ分別 上海市

10日、分別されたごみを一時的に保管する臨時集積場。(上海=新華社記者/方喆)

 【新華社上海7月14日】中国上海市青浦区にある上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)では一年中、さまざまな展覧会が開かれ、そのたびに膨大な量のごみが排出される。約120人からなる清掃チームは同センターの常設展開催期間中に排出されるごみの分別作業を担当しており、1日当たり約26トンを処理する。また「上海市生活ごみ管理条例」の施行は、センターの清掃とごみの運搬作業を促す役割を担っている。

国家エキシビション・コンベンションセンターでごみ分別 上海市

10日、使い捨て弁当容器を分別して捨てる清掃員。(上海=新華社記者/方喆)

国家エキシビション・コンベンションセンターでごみ分別 上海市

10日、ごみ箱を臨時集積場に置く作業員。(上海=新華社記者/方喆)

国家エキシビション・コンベンションセンターでごみ分別 上海市

10日、来場者に正しいごみの出し方を伝える清掃員(左)。(上海=新華社記者/方喆)

国家エキシビション・コンベンションセンターでごみ分別 上海市

10日、ごみ箱を車に載せる作業員。(上海=新華社記者/方喆)

国家エキシビション・コンベンションセンターでごみ分別 上海市

10日、収集したごみを分別する清掃員。(上海=新華社記者/方喆)