シード福井工大福井と敦賀気比登場

©株式会社福井新聞社

 夏の甲子園出場を懸けた第101回全国高校野球選手権福井大会の第3日は7月15日、福井県福井市の福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で1、2回戦6試合を行う。県営球場では第1シードの福井工大福井が登場する。

 福井工大福井は春の県大会で敦賀気比を破り頂点に立った。夏に向けて攻守のバランスよく仕上がってきたと自信を見せる。打線は高原が要で、投手陣は左腕の垣外中、高木、右腕市川らがそろう。

 対する福井高専は1回戦で初回5点を挙げ、七回コールド勝ちを収め波に乗っている。エース高山が強打の福井工大福井に立ち向かう。

 敦賀市総合第2試合には第2シードの敦賀気比が登場する。北信越大会準優勝の立役者笠島や制球力が持ち味の黒田、球威のある松村と投手陣の層が厚い。打撃は、長打力のある木下が軸となる。

 対戦するのは坂井。1回戦では打力を発揮し武生工業をコールドで破った。敦賀気比戦も守りから攻撃のリズムをつくる「坂井らしさ」で勝負する。

■7月15日の試合

▼1回戦

【県営】 第1試合 丸岡―藤島(午前9時)

【敦賀総合】 第1試合 科学技術―金津(午前9時)

▼2回戦

【県営】 第2試合 福井工大福井―福井高専(午前11時半) 第3試合 美方―若狭(午後2時)

【敦賀総合】 第2試合 坂井―敦賀気比(午前11時半) 第3試合 北陸―鯖江(午後2時)

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。