今夏のイベント情報一元化 県民の森など8施設 HPで公開

©株式会社長崎新聞社

8施設の情報をまとめたイベントカレンダー。ながさき県民の森などのホームページに掲載している

 ながさき県民の森(長崎市神浦北大中尾町)など県内にある八つの体験型施設は、この夏に海や山で展開する取り組みをまとめたイベントカレンダーをつくり、ホームページ(HP)で公開を始めた。「海だ!山だ!長崎だ!in2019」と銘打ち、海の日と山の日を含む今月13日から8月12日まで、各施設のイベントが一目で分かるようにした。
 施設の垣根を越え、子どもや親子で参加できるイベント情報を一元化して提供しようと、初めて試みた。県民の森以外の施設は長崎市の「あぐりの丘」「長崎市民の森」「長崎ペンギン水族館」、西海市の「長崎バイオパーク」「県立西彼青年の家」、雲仙市の「雲仙諏訪の池ビジターセンター」「雲仙お山の情報館」。
 8施設は、昆虫採集やカヤック体験のほか水中生物・植物・天体・木工などに関する多彩な32イベントの開催を予定している。夏休みの自由研究や工作にも生かせるとしている。
 13日はオープニングを記念して県民の森でゴスペルコンサートがあった。一元化を呼び掛けた県民の森の担当者は「幅広い選択肢からイベントを選び夏を楽しんで」と利用を呼び掛けている。