消防の仕事知って 初の女性対象セミナー 大分市消防局【大分県】

「活躍できる仕事多い」

©有限会社大分合同新聞社

消防士として活躍している女性職員も。資機材の軽量化などで以前よりも働きやすい環境になっているという(大分市消防局提供)

 大分市消防局は採用対象年齢の女性に消防の仕事を知ってもらうため、8月17日午前9時15分から同局で「消防士体験セミナー」を開く。女性を対象としたセミナーは県内で初めて。9日まで受講者を募集している。

 通信指令センターの見学や消防車両の公開、放水や傷病者応急手当ての体験、制服の試着などがある。同局で働く女性職員に仕事や私生活などを聞くことができる座談会もある。

 対象者は本年度に17~26歳になる女性(先着50人)。保護者や友人ら同伴者(性別不問)も見学できる。

 同局の女性比率は2%程度と低い。災害時に子どもや高齢者らへの対応を充実させようと、消防庁は全国平均を5%まで引き上げる方針を示しており、全国的に女性登用が進んでいる。

 同局は「きつい職場と思われがちだが、消火作業に使う資機材の軽量化などで働きやすくなっている」とし、「火災予防や事務的な職もあり、女性が活躍できる仕事は多い。この機会に消防の仕事を知ってもらいたい」とPRしている。

 申し込みは市ホームページからか、市内各消防署・出張所に置いている申込書に必要事項を記入し、郵送、ファクス、電話で市消防局総務課(〒870―0044 大分市舞鶴町1の1の1、TEL097.532.2188、ファクス097.532.7018)。