みんないくら?年収400万円台の貯金事情「年収450万円、貯金30万円。将来不安」「40代独身、750万円貯金。この年では少ない」

©株式会社グローバルウェイ

みんないくら?年収400万円台の貯金事情

「老後2000万円問題」など多くの人が不安に思う貯蓄。2017年民間給与実態統計調査によると平均給与は432万円。年収400万円台の人は、どれくらい貯金しているのだろう。

今回はキャリコネニュースの「年収と貯金」アンケートから、「年収400万円台」と回答した人の声を紹介する。現在の総貯金額を聞くと、比較的「100万円以下」「100~400万円」「1500万円以上」という層が多く見られた。二極化している印象だ。

「貯金ゼロ」と回答した人は年収400~430万円台が多かった。一方、「1600万円」(40代既婚男性/神奈川県/年収400万円)「1800万円」(30代独身男性/福岡県/年収450万円)という人も見られた。

30代独身男性、貯金200万円「将来どれぐらいの貯蓄をすれば良いのかわからない」

月々の貯金額は「5万円」という声が多く上がった。中には「15万円」(20代独身男性/三重県/年収430万円)、「30万円」(20代独身男性/神奈川県/年収480万円)という人もいる。一方、「ゼロ」も見られ、その人たちは総貯金もないという声が多かった。

貯金額がゼロだという埼玉県在住の40代独身女性(年収430万円/目標貯金額2000万円)は「家賃と生活費がやっとで、貯金ができない。将来が不安」と嘆く。

目標とする貯金額を聞くと、「1000万円以上」という声が多く見られた。年収と貯蓄状況のバランスを聞くと、30~40代からは、

「貯蓄がぜんぜんないので将来不安です」(40代既婚男性/宮城県/年収450万円/貯金30万円/目標貯金額1000万円)
「独身の一人暮らしでこの年では少ないと思います」(30代独身男性/東京都/年収470万円/貯金750万円/目標貯金額2000万円)
「不満 将来どれぐらいの貯蓄をすれば良いのかわからないので」(30代独身男性/富山県/年収470万円/貯金200万円/目標貯金額1500万円)

という声が上がっていた。

「子供の学費を払えず奨学金に頼っている」「まずは借金の返済が優先なのでしょうがない」

目標貯金額が1000万円以下の人からは、

「家賃等の生活費がかさみ、貯金が進まない」(20代独身男性/神奈川県/年収420万円/貯金80万円/目標500万円)
「毎月赤字 子育て世代は、貯金する余裕がない」(40代既婚男性/愛知県/年収410万円/貯金80万円/目標500万円)

といった声が寄せられた。目標額がないという人もいた。理由として、

「子供の学費を払えず奨学金に頼っている」(40代独身男性/奈良県/年収440万円/貯金額400万円)
「まずは借金の返済が優先なのでしょうがない」(30代既婚男性/奈良県/年収400万円/貯金10万円)

という声があがっている。