情熱サンバ、観客を魅了 せんまや夜市

©株式会社岩手日報社

情熱的なダンスで沿道の観客を魅了したサンバパレード

 一関市千厩町の中心商店街で毎月1度開かれているせんまや夜市(実行委主催)で13日夜、7月恒例のサンバパレードが繰り広げられた。歩行者天国となった商店街では、昼間の暑さが残る中、観客も一体となって情熱あふれるダンスを楽しんだ。

 東京・世田谷区のサンバチーム「G・R・E・S・FESTANCA(フェスタンサ)」が登場。約20人のメンバーが軽快なリズムに乗り色鮮やかな衣装でダンスを披露すると、沿道を埋めた大勢の観客が声援やカメラのフラッシュを浴びせた。

 来場者は出店などで飲食を楽しみながら商店街を散策。メイン会場のまちの駅新町JaJa馬プラザではライブの音楽が響き、サンバと合わせ、音楽が鳴り響く夜となった。