黄金漁港に70代男性の遺体

伊逹

©株式会社室蘭民報社

 14日午前3時40分ごろ、伊達市北黄金町の黄金漁港で、港内の海面に伊達市内の70代男性が浮いていたのを漁の準備をしていた、いぶり噴火湾漁業協同組合の職員が見つけた。男性は海から引き揚げられたが、間もなく死亡が確認された。伊達署などによると、男性はうつぶせの状態で浮いたという。目立った外傷はなかった。現場近くに男性の軽自動車があり、車内に運転免許証があった。同署は男性が何らかの理由で海に転落したとみて、死因などを調べている。