ザギトワ選手おとがめなし

無免許運転捜査で地元警察

©一般社団法人共同通信社

 【モスクワ共同】平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(17)が自動車を無免許運転した疑いがあるとして、捜査していた中部イジェフスクの警察当局者は15日、容疑を固められず捜査を終了したと明らかにした。共同通信の取材に答えた。

 法律では無免許運転に5千~1万5千ルーブル(約8600~2万5800円)の罰金を規定しているが、ザギトワ選手に科されることはないという。

 イジェフスクはザギトワ選手の地元で、警察は帰省した際に事情を聴きたいとしていたが、日本でのアイスショー出演などで多忙のため接触できずにいた。