【MLB】大谷、初回は「オープナー」右腕の前に空振り三振 「3番・DH」で9戦連続スタメン

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

エンゼルスは前日途中交代のトラウトがスタメンから外れる

■エンゼルス – アストロズ(日本時間16日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地アストロズ戦に「3番・DH」で9試合連続スタメン出場し、初回の第1打席は空振り三振に倒れた。

 大谷は1点を追う初回、「オープナー」として今季初先発した右腕ジョシュ・ジェームズと対戦。2死走者なしで打席に立ち、カウント2-2から6球目のチェンジアップに空振り。三振に終わった。

 14日(同15日)の本拠地マリナーズ戦では花巻東高の先輩・菊池雄星投手と対戦し、2打席無安打に抑えられた大谷。しかし、菊池が降板した後の第3打席で元ヤクルトのマット・カラシティー投手から同点犠飛。メジャー通算100打点に到達すると、第4打席では日本ハムでチームメートだったアンソニー・バース投手から一塁強襲安打を放った。

 今季通算成績は、56試合出場、打率.300、14本塁打、39打点、OPS(出塁率+長打率).911。エンゼルスは、前日の試合で右ふくらはぎの張りを訴えて途中交代したトラウトがスタメンから外れている。主砲不在の中、大谷に2試合連続安打、4試合ぶりの15号ホームランが飛び出すだろうか。(Full-Count編集部)