中村雅俊、デビュー45周年記念に小椋佳と松山千春がゲスト出演! 一日限りのスペシャルライブ!

©有限会社ルーフトップ

7月6日から7月31日まで東京・日本橋浜町の明治座で「中村雅俊 45th アニバーサリー公演」第1部は、芝居「勝小吉伝~あぁ わが人生 最良の今日~」(賀来千香子、寺脇康文らが共演)、第2部は「中村雅俊LIVE『yes! on the way』」を上演し、連日、満員のファンを楽しませている俳優で歌手・中村雅俊が7月15日、同所で「Masatoshi Nakamura 45th Anniversary 明治座 SpecialLive」と銘打った一日限りのスペシャルライブを開いた。

この日は、芝居&LIVEの通常の公演とは異なり、特別編成による一日限りのライブで、スペシャルゲストとしてシンガー・ソングライター、小椋佳とフォークシンガー・松山千春が出演。そんなスペシャルライブの会場は、約1400人の熱烈なファンで満席。大ヒット曲から「心の色」と「恋人も濡れる街角」を歌ってオープニングの幕を開け、「この明治座で、7月いっぱい舞台をやっていますが、今日一日だけ特別な日、歌の日だけになりました。一緒に楽しい時間を過ごしましょう」と中村が挨拶。

続いて「過ぎた日にそっと花を」「小さな祈り」「海を抱きしめて」、メドレーで「いつか街で会ったなら」「俺たちの旅」「ただお前がいい」、デビュー曲「ふれあい」、最新シングル「だろう!!」(東建コーポレーション イメージソング)など、メドレー&アンコールを含めて全24曲を熱唱。

途中、ゲストの松山千春と「大空と大地の中で」、小椋佳と「少しは私に愛を下さい」を、中村がそれぞれデュエット。また、松山は「恋」、小椋は「愛燦燦」をソロで歌唱。松山は「中村雅俊さんはオレが尊敬している先輩でして、これからも雅俊さんを愛してください」、小椋は「中村雅俊さんは、年齢とは関係なく、いくつになっても青春という言葉をまとっていますよね」と絶賛していた。

さらに、芝居のほうで共演している女優で、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の愛加あゆが日舞で参加し、彼女の踊りをバックに中村が「千年樹」を歌ったり、中村の出身大学・慶應義塾大学の同級生ら有志60人が客席からステージに上がって、彼らのコーラスで「辛子色の季節」を披露するなどし、最後に「オレにとっての幸せは、45年前に『ふれあい』という曲を出し、45年たったいまでもこうやってステージの上で歌っている自分がいることです」と締めくくり、終始、感動的なステージで客席を魅了した。

今回の公演の模様は、8月29日にフジテレビTWOで、また11月23日にBSフジで放送予定。9月29日の大阪・NHK大阪ホールを皮切りに全国ツアーもスタート。こちらもあわせて公式HPをチェックしてみてほしい。