なんと人妻が保釈中の被告人と駆け落ち! 愛妻家の夫が語った「3人の共同生活」が不思議すぎ

©株式会社ジェイ・キャスト

保釈中の被告が人妻と駆け落ちし、話題になっている。逃走しているのは、覚せい剤取締法違反で5月(2019年)に逮捕され、6月に起訴された前田寿樹被告(57)。身元引受人であった既婚女性と姿をくらまし、7月10日の初公判に姿を現さなかった。2人は女性が勤める飲食店で知り合っており、不倫関係にあったという。

女性の夫、Aさんは駆け落ち直前まで続いた、3人の奇妙な共同生活について語った。

千原ジュニア「ぜひ是枝裕和監督に映画にしてほしい」

Aさんによると、前田被告は6月、保釈されるやいなやAさんと妻の住む家に転がり込んできた。初対面にも関わらず、Aさんに自分の布団を買いに行かせたり、焼肉をおごらせたり...。金の無心までしてきたそうだ。妻も強い口調で「早く貸してあげて!」と訴えたというから驚く。被告と妻は、自宅の2部屋を占領し、Aさんが入ってこられないよう襖につっかえ棒までしていた。1週間ほどたったある日、2人はテレビや布団、照明道具など生活用品を根こそぎ持って姿を消したという。

Aさんの話では、前田被告の保釈金150万円も、妻がほかの男性から借りたもの。「夫と離婚してあなたと付き合うには200万円必要」などとウソをついて用意させたというのだ。

Aさんは「裁判所はこうなることを想定していたのか? 2人のつながりを調べなかったのか?」と裁判所への不信感を隠さない。身元引受人を認めた裁判官の責任について、高橋裕樹弁護士は、「問題がないとはいえない。身元引受人は、通常は親族がなる。他人がなる場合は、もっと慎重な判断が必要だったと思う」と話す。「保釈金も今回のような恋愛逃避行だと本来の意味をなくしてしまいます」と高橋弁護士は言うが、そもそも、第三者の金だとしたら2人は痛くも痒くもないだろう。

こうまでされてもAさんには、妻とは離婚する気はなく、妻の健康状態を心配しているという。

千原ジュニア(お笑いタレント)「登場人物3人かと思いきや、お金を貸したほかの男性もいて...。こんなこと言うたらアレですが、めちゃくちゃ面白いですね。(映画監督の)是枝裕和さんとかに撮ってもらいたいです」

堀尾正明(フリーアナウンサー)「ドラマですね」

千原ジュニア「耐えていた夫のAさんも不思議です」