バスケ女子代表候補が合宿

渡嘉敷「いろいろ吸収を」

©一般社団法人共同通信社

 バスケットボール女子日本代表候補の強化合宿が16日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開され、久々の参加となるエースの渡嘉敷(JX―ENEOS)は「東京五輪に向けてコンディションを上げ、自分に満足せずいろいろなことを吸収したい」と抱負を語った。

 28歳の渡嘉敷は2016年リオデジャネイロ五輪後、足首や太ももの痛みの影響などで代表戦の出場がなかった。この日の練習ではチームメートと積極的にコミュニケーションを図り、ホーバス監督は「(リオ五輪のときに比べ)外のシュートもうまくなったし、プレーが良くなった」と評価した。