ワンピース像が「ポケGO」拠点に 熊本地震復興支援、22日から

©株式会社熊本日日新聞社

期間限定で「ポケモンGO」に登場する麦わら帽子姿の「ピカチュウ」(中央)=県提供

 熊本県は16日、人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」のキャラクター像の設置場所9カ所が、スマートフォンゲーム「ポケモンGO(ゴー)」で、ゲーム内のアイテムを獲得できる「ポケストップ」として登場すると発表した。熊本地震復興支援プロジェクトの一環で、22日から。

 すでに立っている主人公ルフィ以外の8体は2020年度までに建設予定だが、像設置に先立ち、人気キャラクターたちが機運を盛り上げる。

 ポケストップ用にワンピースの作者尾田栄一郎氏=熊本市出身=がイラストを描き下ろすほか、22~29日限定で、ポケモンのキャラクター「ピカチュウ」がルフィのトレードマークの麦わら帽子を被って登場する。(馬場正広)

 【設置場所】熊本市(県庁、市動植物園)▽益城町(町交流情報センターミナテラス)▽大津町(大津中央公園)▽御船町(ふれあい広場)▽西原村(俵山交流館萌の里)▽南阿蘇村(東海大)▽阿蘇市(阿蘇駅)▽高森町(高森駅)