棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト 山東省

©新華社

棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト 山東省

11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。(済南=新華社記者/郭緒雷)

 【新華社済南7月16日】中国山東省棗荘(そうそう)市で建設が進む千キロボルト(kV)特別高圧交流送変電プロジェクトは、国家重点プロジェクト「濰坊-臨沂-棗荘-菏沢-石家荘」千キロボルト特別高圧交流送変電プロジェクトの重要な一部分とされており、中国が独自に開発した送電技術や設備を使用している。完成後は、省内の電力需給の逼迫が効果的に緩和される。

棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト 山東省

11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。(済南=新華社記者/郭緒雷)

棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト 山東省

11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。(済南=新華社記者/郭緒雷)

棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト 山東省

11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。(済南=新華社記者/郭緒雷)

棗荘市で進む特別高圧送電プロジェクト 山東省

11日、棗荘市の千キロボルト特別高圧変電所で作業する作業員。(済南=新華社記者/郭緒雷)