長崎東・入江7回無失点 佐世保工 逸機響く

悔しさバネに好発進

©株式会社長崎新聞社

【1回戦、長崎東―佐世保工】7回無失点と好投した長崎東の先発入江=県営ビッグNスタジアム

 長崎東が抜群の試合運びで昨夏4強の佐世保工に大勝。今季は主要県大会で1勝もできていなかったチームが、悔しさをバネに大きく躍動した。山口監督は「苦しんできた選手たちが、よく、諦めずにやってくれた」と感極まった。
 長崎東中出身で183センチの長身左腕、入江が好投。これまで結果を残せずに「エースとして誰よりも責任を感じてきた」。低めのスクリューを効果的に織り交ぜて七回までに二塁を踏ませたのは2度だけ。「本当に助けられて『0』を続けられた」と振り返ったように、バックも二塁竹村が中堅への安打性の打球を見事にさばき、左翼吉田が好返球で本塁生還を許さないなど、無失策で盛り上げた。
 目標は昨夏の8強超え。九回にランニング本塁打も放った主将の竹村は「スローガンの全員野球で1勝をつかめた。コンディションを整えて“進学校から甲子園”をかなえたい」と力を込めた。