<高校野球宮城>逆転サヨナラ 東北学院榴ケ岡3回戦へ

©株式会社河北新報社

東北学院榴ケ岡―岩ケ崎 9回裏東北学院榴ケ岡無死三塁、山中が左翼線に同点の適時二塁打を放つ=石巻市民

 高校野球宮城大会第5日は17日、仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦があり、東北学院榴ケ岡と築館が初戦を突破した。

 東北学院榴ケ岡は4-3で岩ケ崎に逆転サヨナラ勝ちした。1点を追う九回、山中が左翼線に適時二塁打を放って同点に。なおも1死一、三塁とし、古内の右前打で試合を決めた。

 築館は13-9で柴田農林との激しい打ち合いを制した。6点リードの八回に打者11人の猛攻を受けて逆転されたが、その裏に川田の満塁本塁打などで5点を奪って再逆転した。

 ▽2回戦 柴田農林001001070=9 築  館00110425×=13

岩  ケ  崎010000110 =3 東北学院榴ケ岡001000102×=4