浅野忠信とCharaの長女・SUMIREが連ドラ初出演! 古川雄輝主演作でヒロイン役

©株式会社東京ニュース通信社

浅野忠信とCharaの長女でモデルのSUMIREが、10月6日にスタートするWOWOWプライムの連続ドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(日曜午後10:30)に出演することが決まった。

同作は大ヒットシリーズ「殺人分析班」のアイコン的キャラクター・八木沼雅人(古川雄輝)が、ある殺人事件をきっかけに野木直哉と名前を変えトレミーへと変貌を遂げる姿を描くスピンオフドラマ。SUMIREは、野木直哉(古川)が住む部屋の隣人・浅田吉佳を演じる。

吉佳は、野木と名前を改める前の八木沼が静岡で中学時代を送っていた時の同級生。成年となった2人が偶然にも川崎の同じアパートに住んでいることが発覚し、物語が展開していく。吉佳は野木へひそかに思いを寄せるヒロインで、人と付き合うのが苦手だった2人だからこそ通じ合う何かが生まれる。

連ドラ初出演のSUMIREは「まさか自分が出演できるとは思っていなくて、初めは驚きもありつつうれしかったです。連ドラ初出演ということもあり、新しいSUMIREを見せられると思い、とても意気込みを感じました」という。演じる上では「今までの役とはまた違った印象を与えられればうれしいと思います。また、新たにちょっとしたアクションにも挑戦していますので、皆さまに楽しんでいただければと思います」と話している。