「24時間テレビ」ランナー・いとうあさこ「4人のつながりがパワー」

©株式会社東京ニュース通信社

8月24、25日放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」(時間未定)のチャリティーランナーをいとうあさこ、ガンバレルーヤ・よしこが務めることが決まった。また、今年のチャリティーマラソンは、今後追加発表される2人を加えた4人による駅伝形式で行われることも発表された。いとうは「今は、プレッシャーともワクワクとも違う気持ちです。ただ一緒に走る4人のつながりがパワーをくれている。その心強さをとても感じています」と意気込んでいる。

同番組は1978年から毎年放送されている生放送のチャリティー番組で、今年は「人と人~ともに新たな時代へ~」をテーマに、メインパーソナリティーを嵐、チャリティーパーソナリティーを浅田真央が務める。今年のチャリティーマラソンは、会場の両国国技館のゴールを目指して、1人42.195キロを4人でつなぐ“24時間駅伝”で行われる。

いとうとよしこの2人は7月14日放送の「世界の果てまでイッテQ」(日曜午後7:58)内でチャリティーランナーに決まったことをサプライズで知らされ、いとうは「(番組MCの)内村(光良)さんから言われた時、何を言っているのかまったく意味が分からなかった。未知のことすぎて『怖い』でも、『頑張ろう』でもなく、ただただ『?』だった。でも、『もう一人発表します』って言われて、よしこ(ガンバレルーヤ)の顔を見た瞬間に、本当に理由が分かんないんですけど、涙が止まらなくなって。そこで『あ、ホントに走るんだ』っていう実感と『よしこがいるから頑張ろう』という気持ちが湧いてきて」と驚かされたことを告白。

また、よしこも「内村さんから『よしこおめでとう!』と言われたので、てっきりイッテQの遠泳ロケに行かされるのかと思いました(笑)。でも、その後マラソンに決まったよって言われて、びっくりしたんですけどうれしくて、でも不安も大きくて。半々くらいですね。その後、あさこさんも走るって聞いて一人じゃないって知ってすごく安心しました」と喜びと不安が入り交じった心境を明かしている。