「男はつらいよ」寅さんの少年時代を連ドラ化。井上真央が母役で主演

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合では、国民的映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代を描く連続ドラマ「少年寅次郎」を10月19日(土曜午後9:00、全5回)に放送することが決まった。山田洋次監督の小説「悪童 寅次郎の告白」を原作に、脚本は岡田惠和氏が担当する。

ドラマは、寅次郎の母・光子(井上真央)を主人公に、寅次郎出生の秘密から戦争をはさんだ悪ガキ時代、そして妹・さくらに見送られて葛飾柴又の駅から14歳で旅立ち、“フーテン”が誕生するまでを描く。父・平造役を毎熊克哉、平造の弟・竜造役を泉澤祐希、竜造の妻・つね役を岸井ゆきの、帝釈天住職の御前様役を石丸幹二が演じる。

原作の山田監督は「50年の歳月をかけて製作したシリーズ第50作となる新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の封切りに先んじて、小説『悪童 寅次郎の告白』がテレビドラマとして制作されることをうれしく思います」とドラマ化の喜びを明かし、「映画では描かれていない寅さんの出生の秘密から子ども時代、人間の形成において大切な思春期を描いたエピソードゼロとでも言うべきお話です。少年寅次郎が、皆さんおなじみのあの“寅さん”に成長する、あるいは成長しそうな姿がユーモアたっぷりに描かれています。舞台は昭和の東京・葛飾柴又、そこに集うさまざまな人々たち。このドラマは戦後日本の原点が背景になります」と見どころをアピール。

脚本の岡田氏も「山田監督の原作小説を読んだ時、幼少期の、そして少年の寅ちゃんをテレビドラマで見たいなあ、そして書いてみたいなあと思いました。夢が実現できて今はただただ幸せです。山田監督に感謝です。井上真央さんをはじめ、すてきで最強な俳優さんたちが集まってくれました。笑って泣いて心に残るドラマです。どうか楽しんでいただけたらと思います」と訴えている。