「私は吸血鬼」グラミー歌手の不可解インタビューにファン困惑

©株式会社光文社

昨年11月のメイシー・グレイ(写真:Shutterstock/アフロ)

「ビリー・ホリデイの再来」と呼ばれ、2000年にはグラミー賞を受賞した実力派R&Bシンガーのメイシー・グレイ(51)。英国時間16日朝、トーク番組「ロレーヌ」に出演した際に奇妙な発言を連発したことで、Twitterでは「メイシー・グレイに何があった?」と困惑する声が上がっている。

司会のロレーヌ・ケリーが、最近の入院の理由について尋ねると、グレイは「私は吸血鬼だから、血球数が少なくなっちゃったのよ」と回答。ケリーは面食らいながらも「輸血の必要はあるの?」と話を続ける。グレイは「そうね、2年か3年に一度は血が底をついちゃうの。だから人を噛みに行きたいわ。でも、これって違法なのよね」と何食わぬ顔で吸血鬼としての悩みを吐露した。

Twitterではこれを見ていた視聴者が大混乱。

「『ロレーヌ』見てるんだけど、メイシー・グレイは酔っ払ってるの? クスリでもやってる? 何なの? わけがわからない!」

「メイシー・グレイに何が起こってるの。どうかしちゃってる」

「メイシー・グレイ、やばい。こわい」

ジョークだったのか、はたまた本気だったのか。真相はわからぬままオンエアは終了したようだ。グレイの公式Instagramは、現在開催しているアルバムジャケットのデザインコンテストの応募締め切りを告知するなど、見たところ通常運転だ。