「家計第一の経済政策に」 国民・玉木代表が転換訴え  かながわ参院選2019

©株式会社神奈川新聞社

演説する国民民主党の玉木代表=武蔵小杉駅前

 国民民主党の玉木雄一郎代表が17日、川崎市中原区の武蔵小杉駅前で演説し、「アベノミクスの次の政策は家計第一の経済政策しかない」と訴え、政策転換の必要性を強調した。

 アベノミクスは時代に適合しなくなったとし、「経済の好循環のスタートを大企業から家計に変えたい」と説明。消費税増税の凍結や法人税改革などの政策を通じ、「家計を温め、消費する力を高めて好循環を生み出したい」と述べた。

 演説後は記者団に「(参院選は)選挙戦が進むにつれ、(党の)認知度や支持率も上がってきている。粘り強く訴えを続けたい」と語った。神奈川選挙区に立候補している党公認の新人候補の応援演説に訪れた。