ジャニーズ事務所、元SMAP「圧力」を否定 一方、ファンは「普通にテレビ放送に出られるようになって...」

©株式会社ジェイ・キャスト

ジャニーズ事務所は2019年7月17日深夜、元SMAPメンバーのテレビ出演に圧力をかけたとして公正取引委員会の調査を受けたとの報道があった件について、下記のようにコメントした。

七夕の日に投稿された3人の写真(香取さんのインスタグラムより、画像一部加工)

「弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道につきましてご報告申し上げます。弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います。」

一方で一連の報道を受け、ネット上にはファンからの声が次々と挙がっている。

スマステ、「ぷっ」すま、ゴロウ・デラックス...相次いで終了したレギュラー番組

SMAPは2016年12月31日に解散。元メンバーのうち木村拓哉さんと中居正広さんはジャニーズ事務所に残り、3人は事務所を17年9月に退所して独立した。

香取さんが司会を務めていた「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)も17年9月に最終回が放送された。草なぎさんがMCを務める「『ぷっ』すま」(同)も2018年3月に終了。稲垣さんがMCの「ゴロウ・デラックス」(TBS系)も19年3月に終了した。

当該のニュースが報じられた後、ネット上でもファンからの反応が相次ぎ、

「どうかゴローちゃん、つよぽん、しんごくんが、普通にテレビ放送に出られるようになって欲しい」
「つよぽん、しんごちゃん、ゴローちゃんに、もっとテレビで会えるようになるかな」

など、3人の出演を願う声が上がった。

17日23時過ぎ時点で、ツイッター上でも世界版のトレンドに「ジャニーズ事務所」などが入ったほか、「smap」など関連キーワードが日本のトレンド入りしている。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)