メキシコ「麻薬王」に終身刑

米連邦地裁、密輸や殺人罪で

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク・ブルックリンの連邦地裁は17日、麻薬密輸や殺人などの罪に問われたメキシコの「麻薬王」ホアキン・グスマン被告(62)に終身刑を言い渡した。米メディアが伝えた。

 メキシコ最大級の麻薬組織「シナロア・カルテル」を率いた被告はメキシコの刑務所を2度脱獄した後、2016年に拘束され17年に米国に移送された。

 これまでの公判で元側近は、被告が12年10月、メキシコ大統領就任を控えたペニャニエト氏に1億ドル(約110億円)の賄賂を贈ったと証言した。