NY株続落、115ドル安

米企業業績を懸念

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米企業業績への懸念から続落し、前日比115.78ドル安の2万7219.85ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は37.59ポイント安の8185.21と続落した。

 景気を反映する貨物鉄道大手CSXが前日発表した2019年4~6月期決算で、業績予想を下方修正した。米中貿易摩擦が企業業績に与える影響への懸念が強まり、売りが優勢になった。

 CSXは10%急落。ほかに、建設機械のキャタピラーや小売りのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが安かった。