いなべ市、投票用紙交付し忘れ 参院選の期日前投票 比例代表1人分 三重

©株式会社伊勢新聞社

 三重県のいなべ市選管は17日、市役所員弁庁舎に設けた参院選の期日前投票所で、有権者1人に比例代表の投票用紙を交付し忘れるミスがあったと発表した。

 市選管によると、投票用紙を手渡せなかった有権者は男性というが、市選管は人物を特定できていない。この有権者は選挙区だけに投票したとみられる。

 期日前投票所の担当者が同日午前11時半ごろ、交付した投票用紙の枚数を確認したことをきっかけに発覚。選挙区と比例代表で枚数が異なっていた。

 投票用紙を交付し忘れた担当者は「投票会場が混雑していたため、選挙区だけに投票した人を呼び止めることができなかったと考えられる」と話している。

 この男性から仮に申し出があっても、市選管は「人物を特定できない」として投票を受け付けない。市選管は「今後は細心の注意を払う」としている。