【あの夏の記憶】「本当は鹿実に行きたくなかった」定岡氏の心を動かした身近で最大のライバル

©株式会社Creative2

鹿児島実で1974年甲子園ベスト4に進出した元巨人・定岡正二氏【写真:荒川祐史】

鹿児島実3年時の1974年夏、東海大相模と延長15回の死闘を制し4強入り、同年秋ドラフト1位で巨人へ

 甘いマスクと好投で夏の甲子園を沸かせたプロ野球解説者・定岡正二氏は、2年夏に続き、1974年夏の3年夏も鹿児島実で甲子園に出場した。3年生エースとして、鹿児島勢初めてのベスト4進出に貢献し、後に巨人からドラフト1位の評価を受けた。しかし、元々は鹿実にもプロにも行く気はなかったという。身近にいた存在が最大のライバルが「心に炎を付けた」と振り返る。

 その存在は3歳差の兄で元南海内野手の智秋氏(現・柳ヶ浦監督)。小学校から一緒に野球をし、ずっとその背中を見ていた。兄の同級生とも一緒に野球をしていたため、他のメンバーとセンスが違うことも容易に分かった。雲の上の存在だった。

 だから、進学先を迷っていた。

「兄ちゃん、すげぇ~な~と思って見ていましたよ。後にプロからドラフトを受けるような選手ですから、比較されるのが嫌でした。本当は鹿実に行きたくなかった。他の鹿児島県内の学校に行きたかったんです……。でも、行ってよかったです。甲子園に出場できましたから」

 智秋氏が中学3年生の時、自宅に当時の鹿実・久保克之監督(現・鹿児島実名誉監督)がやってきた。小学校から帰ってきたところだった正二氏も名将と目が合い、挨拶をした。

「監督はたまたま、兄のスカウトで来ていました。僕は、ただの弟なのに『お前も鹿実に来いよ!』と言われまして……。向こうにしてみれば何もないでしょうが、僕にとっては印象に残る出来事でした」

「どこかで兄をライバルと思うようになってきていた」

 兄の代は71年夏・鹿児島県決勝で敗れ、あと1歩のところで甲子園出場を逃した。

 兄貴超えをしたい――。そんな心が芽生え始めた時に、今度は自宅に大学や社会人野球のスカウトが兄を獲得するためにやってきた。そうしているうちに、プロからドラフト指名があるかもしれないという驚きの事態に発展。南海ホークスにドラフト3位で指名され、プロのスカウトも自宅にやってきた。

「美味しい手土産を持ってきて……。子供だからそれだけでも、うれしかったです(笑)。近所にだって、プロ野球選手なんていない遠い世界なのに、家族からプロ野球選手が出るなんて……。どこかで兄をライバルと思うようになってきていたので、そこで兄よりももっといい選手になりたいって、(同じ風に進もうという気持ちが)芽生えたかもしれません。心に炎が付きました」

 兄の実力がわかっていたからこそ、自分がどうすべきかを考えることができた。そんな小さな炎がモチベーションとなり、道は拓けていった。

身近にいた最高のライバル、兄・智秋を超えるために―正二は見事に甲子園出場を果たす

「今まで言ってこなかったけど(鹿児島実進学のきっかけは)兄かもしれないですね。子供の頃に、久保監督と会っているのも少しあるかもしれない。潜在的に行くべくして、鹿実に行ったんじゃないかなと思う」

 身近に最高のライバルがいた。兄を超えるには、甲子園出場しかない。厳しいことで有名な鹿児島実に進んだ。兄の存在があったから、頑張ることができた。

 目標は叶い、高校2、3年時に甲子園に出場。南海に入った智秋氏も練習や試合の合間を縫って、甲子園に応援に来ていたという。正二氏は3年時に夏の甲子園ベスト4に進出し、アイドル投手として人気を博した。準々決勝では東海大相模と延長15回、213球を一人で投げ抜いて、1点差で勝利。甲子園の伝説の1試合となっている。

「あの試合は、真っ白になったというか、自分が自分じゃなくなる瞬間があったんです」

 疲れも、怖さも感じない。ただ、がむしゃらに投げ続けていた。後にプロになった後もそのような感覚に陥ったことはない。完全燃焼、やり切ったと思える試合だった。

 あれからもう45年が経った。そして、また球児にとって熱い夏がやってくる。

「練習してきたことが大会で出し切れないのが、一番、悔いが残ります。失敗してもいい。燃え尽きるまでやってほしいですね。周りの評価なんて、関係ない。僕も高校野球で学ぶことがたくさんあったし、一生分の経験をしたと思っています。これからの人生、大きな財産としてみんなの心に残っていくと思います。球児たちにはやり切った大会にしてほしい」

 1974年の夏。甲子園のスタンドからの声援は定岡氏に向けられていた。入学に迷ったことも、練習が嫌な時期もあった。それでも、あれだけの多くの人の感動を呼んだのは、最終的に芯を持って、全力を出し切る投球をしていたからなのではないだろうか。定岡氏はそんな球児を見守っている。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)