「久保建英よりも高い価値を持つバルセロナBの宝石6人」

©株式会社コリー

バルセロナの下部組織で育った久保建英がレアル・マドリーに移籍する一方、安部裕葵のバルセロナB入りが決まった。

ここでは、『Transfermarkt』を参考に、現時点で久保以上の市場価値を持つバルサBの選手たちを調べてみた。なお、久保は200万ユーロ(2.4億円)との評価。

DF:チュミ・ブランダリス

動画を見たい場合はここをタップ!

市場価値:250万ユーロ(3億円)

1999年生まれの20歳、スペイン

14歳からバルサのカンテラで育成され、すでにトップデビューも果たしているDF。

バルサ育ちらしくボール扱いに優れるほか、危機察知能力、アグレッシブさ、素早さをも兼ね備えた完成度の高い右利きのCBだそう。

レアル・マドリーDFヴァランと比較する声も。

MF:オリオル・ブスケツ

市場価値:250万ユーロ(3億円)

2000年生まれの20歳、スペイン

セルヒオ・ブスケツとは血縁関係にないものの、似たキャラクターを持つ。ともに中盤を主戦場とする長身のMFであり、戦術的理解に長けている。

オリオルはすでに昨季のコパ・デル・レイでトップデビューも果たした。

最大の特徴のひとつは深い位置に落ちたところからゲームを指揮する能力だ。また、セルヒオのように長い足を持っており、プレッシャーの下でも容易にコースを見つけられる。

MF:ルドヴィト・ライス

市場価値:300万ユーロ(3.6億円)

2000生まれの19歳、オランダ

堂安律とともにフローニンゲンでプレーしていた新星。この夏にバルサBが325万ユーロ(3.9億円)で引き抜いた。

スロバキア人の両親のもとオランダで生まれ育った選手で、若くしてフローニンゲンでデビュー。同じように若くしてデビューしたフローニンゲンの偉大なる先輩アリエン・ロッベンやロナルト・クーマンらと比較されたほど。

本人曰く、「自分はボールを刈ることで他の選手に貢献する」とのこと。フランス代表MFエンゴロ・カンテを見るのが好きだそうで、「彼は多くのデュエルパワーを持ってるし、本物のエンジンだ。目立たないものの、チームにとって非常に重要な存在」と述べている。

ピッチ外では落ち着いた生活を好み、映画に行くのが好きだとか。また、双子の兄弟がいるそう。

FW:アベル・ルイス

市場価値:300万ユーロ(3.6億円)

2000年生まれの19歳、スペイン

スペインのユース代表として出場したU-17ワールドカップで6ゴールを決め、ブロンズブーツを獲得したストライカー。

12歳の時にバレンシアのユースから引き抜かれた。2000年生まれですでにバルサのトップデビューを果たしているのは、彼を含めて2人だけだ。

ダイレクトかつ決定力のあるフィニッシャーで、上背はそれほどないが高さもある。MFとの連携プレー、オフザボールでの知的な動き、最前線でボールを収めるフィジカルも兼備。

これまでラ・マシアが育ててきたタイプとはやや異なるが、得点本能とハングリーさを備えており、ルイス・スアレスの後継者になれるかもしれない。

DF:フアン・ミランダ

市場価値:500万ユーロ(6億円)

2000生まれの19歳、スペイン

すでにトップデビューも果たしてる左サイドバック。ジョルディ・アルバの後継者として期待されているが、タイプ的にはやや異なる。

185cmと高さがあり、空中戦でも地上戦でも守備はソリッドだ。一方、アルバほどのスピードはないものの、足元とドリブルは確かで攻撃面でも貢献可能。インテリジェンスがあり、味方との連携にも優れる。

多くのクラブが獲得を狙っているとされていたが、2021年まで契約を延長。バイアウト額は2億ユーロに設定された。

MF:リキ・プーチ

市場価値:1000万ユーロ(12億円)

1999生まれの19歳、スペイン

いまバルサで将来を最も嘱望されているカンテラーノ。童顔で華奢ながら、圧倒的なインテリジェンスを持ち、タッチやビジョンも絶品だ。

その類稀なるセンスが分かるプレーがこれ(下記動画24秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

圧倒的なセンスとテクニックを併せ持つプーチ。卓越したクリエイティブさを持ち、アンドレス・イニエスタと比較されるほどの逸材だ。