指導者、保護者に届けたい 投力低下を防ぐ、ヤクルト「投げ方教室」が喜ばれる理由

©株式会社Creative2

投げ方教室で都内の小学生に「出前授業」を行うヤクルト広報部の河端龍さん(左)と徳山武陽さん【写真:編集部】

元投手で球団職員の河端龍氏と徳山武陽氏が都内の小学校をまわり、授業を展開

 先日、ヤクルト球団が小学生の投力低下の改善のために取り組んでいるボールの投げ方教室「出前授業」を取材した。2013年から抱えている課題克服の手助けができるように、またスポーツに親しむ習慣を身につけてほしいという願いを込めて、球団職員で元投手の河端龍さん、徳山武陽さんらが中心となって、学校で教えている。最初は野球に親しみをもてもらうことや、技術指導が中心かと思っていたが、実際に密着してみると、そうではなかった。

 校庭で元気な子供たちの声が響く。

「行くよ~!」「うぁ~ボールがそれた~」「すごーい!」

 ユニホームを着た“コーチ”の河端さん、徳山さんも負けてはいない。

「ナイスボール!」「もっと左手を使って投げてみて!」「上手になったね!」

 休み時間ではない。授業の1コマとして子供たちは楽しみながら学んでいた。

 都内の小学校では5月にスポーツテストを行うことが多い。ボールスローの数値が以前と比べて低下していることを知ったヤクルト球団が改善への手伝いができないかと考え、2013年から「出前授業」を実施。多い日は2人で1日、1時間目~6時間目まで6コマの授業を行っているという。他の球団では振興部というような部署が担当することが多いが、河端さん、徳山さんは広報部所属。活動が多岐に渡っている。

 河端さんが話す。

「野球人口を増やすということも大事なことですが、まずは(ボール投げや野球に)興味を持ってもらうことが大切。先生から『子供たちがあんな楽しそうに声が出せるとは思わなかった』と言ってもらえた時は嬉しいですね」

 この日は杉並区内の小学4年生が対象。4クラスに1時間ずつ授業を行った。

 どんなことを教えるのか。まず基本姿勢から腕と足の動きを覚える。コツをつかんでもらえたら、その後は柔らかいスポンジボールを使ってボールの握り方、距離をとってキャッチボールをする。そして遠投に挑戦。遠投はゲーム形式。2チームに分かれて投げた距離が遠ければ遠いほどポイントが高く入るルールで勝敗を決める。元プロがお手本を見せれば、驚きの声があがる。45分の授業の中で子供たちが楽しめる要素が組み込まれていた。

 これだけでも子供たちは楽しい。最初は戸惑いながら体の使い方をマネしていた生徒が、どんどんボールの距離が出る。「あっという間でした」「スポーツテストでは30メートル、40メートル投げられそうな気がします」と手応えを感じていた。

 投げ方教室ではあるが、これは“授業”。技術指導以外にも注目すべきポイントがあった。

ゲームで競わせる チームに分けて作戦会議 勝敗がつく…「記録が伸びるのは嬉しいですけど、それ以上に…」

「コーチの話は目を見て聞こう」「返事は大きな声で」「相手が取りやすく、思いやりを持って投げよう」など、少年野球でも教わるような基本事項はもちろんだが、6年目を迎えた出前授業では年々、内容が“アップデート”されている。

 ゲーム形式の遠投では、ボールスローの前に作戦会議の時間を入れる。どうしたら遠くに投げられ、得点を多く入れることができるかをチーム全員で考える。そうすることで、コーチに教わったことを復習したり、子供たち同士でコツを教え合ったりしている。

 試合で競わすことで、勝ちチームと負けチームが生まれる。なぜ勝てたのか、なぜ負けたのかを振り返って考えさせている。

「記録が伸びるのは嬉しいですけど、それ以上に心の成長の声が聞こえる方がうれしいです。投げ方だけじゃなくて、気持ちの変化の部分です。負けた時に人は成長しますし、協調性の大切さを知っていれば、野球やスポーツだけじゃなく、どの分野でもいい方向に進むと思うんです」

 子供たちの野球離れが進む中、各団体で様々な取り組みが行われている。東京都内、関東圏ではテレビの地上波で当たり前のようにプロ野球中継が流れる時代ではないため、野球に興味のない子供は当然、存在する。

「もちろん、この授業でヤクルトスワローズのことを知ってもらえれば、うれしいですよ。今日の夜、家に帰って、家族の会話の中で『野球』『ヤクルト』と出てくれるだけでいいです」

 最後に河端さん、徳山さんはサインが入った「投げ方名人 認定書」を生徒にプレゼント。1人1人とハイタッチをして授業を終えた。4時間の授業を終えると、2人は給食の時間に招かれた。野球が大好きな子供たちが2人を取り囲んで、一緒に食事をした。

「ヤクルトこれから応援します」「僕は西武ライオンズが好きだけど、セ・リーグではヤクルトになりました」という会話もあれば、投手だった徳山さんが、「何キロ投げるんですか?」という質問に「ん? 150キロだよ」と答えると「えー!! すごい」と羨望のまなざしが向けられた。直接、声を聞けるのは貴重な機会だが、子供たちに憧れを持ってもらうこともプロ野球人にしかできない大事なことと思う。

 ヤクルトの出前授業は、野球やスポーツをやっていない子にも、日常生活に生かせることを教えていた。野球やスポーツをしている子には、ボールを遠くに投げる方法だけでなく、夢を与えていた。純粋に子供たちが羨ましいと思えた時間だった。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)