「お金がないから結婚しない」はもったいない! 「しょぼ婚」のすすめ

©株式会社マネーフォワード

「お金がないから結婚できないというのは全くの間違いです」。そう語るのは起業家のえらいてんちょう(以下、「えらてん」)氏です。「多額の資金」「特殊技能」「綿密な事業計画」もいらない「しょぼい起業」を説いた『しょぼい起業で生きていく』(イースト・プレス、2018年刊行)が話題となり、作家やユーチューバーとしても活動しています。

起業と聞くと少しハードルの高さを感じてしまいますが、えらてん氏は多くの人が経験するであろう結婚についても独自の考えを持ちます。それは「しょぼ婚(しょぼい結婚)」です。

えらてん氏は、出会って2日でプロポーズ、2週間で結婚。現在、2児(2歳、0歳)の父である経験をもとに、ユニークな「結婚・育児」論を提唱しています。現代人の大きな悩みの種でもある結婚についてどう考えるべきでしょうか。えらてん氏に話を聞きました。


お金がないなら、社交辞令を「真に受けよう」

――7月に発売した『しょぼ婚のすすめ』(KKベストセラーズ)が話題となっています。この本を書こうとしたきっかけは何でしょうか?

えらいてんちょうさん(以下同):多くの方が誤解されていると思いますが、結婚じたいは紙っぺらを出せば無料でできることです。それなのに、どこか肥大化した妄想のようなものによって、「結婚したいのにできない」と思い込む状況になっています。それは「不幸だな」と思いがありました。「結婚はもっと簡単なものだ」と思っているので、それを伝えたいと考えました。

――それはご自身の体験からでしょうか?

実際、私は妻と会って2週間で結婚しています。現在、たくさんの助けてくれる人たちがいるので生活にも困っていません。ただ、子供が生まれると、予想以上にお金がかかる部分や、逆にそうではない部分があると感じています。

――子育てをして気づいたことは何でしょうか?

まず、子育てをしていくうえで、親族のつながりはとても大事ということです。私も妻も親と関係があまりよくはありません。だから常にどちらかが子供を見ていないといけない。ベビーシッターを頼もうにも高いし、希望の時間にできる人が少ない。それに、子供だって慣れがあるから、いきなり呼んで任せることもできません。保育園だって、熱が出たら迎えにいかないといけないから最低限のもの。夫婦どちらも体調を崩したり、仕事があったりすると、ベビーシッターに頼らざるをえなくなります。親族との関係が良ければ、固定したメンバーに頼めるし、お金も介在しません。その意味では親族は重要です。

――では、えらてんさんはどうしたのでしょうか?

親族に頼れないのであれば、近所に仲のいい人がたくさんいればいいんです。例えば、隣の部屋のご夫婦は、よくごはんを持ってきてくれます。「困ったことがあったら言ってくださいね」という言葉をよく聞くと思うのですが、僕はそれを社交辞令とは捉えずに真に受けてみるんです。実際に子供と一緒に遊びに行って、「ちょっと見ててください」って子供を預ける。

――驚かれませんか?

社交辞令って、案外、頼めば本当にやってくれるものなんです。近所の方だけでなくTwitterでもそうですけど、「ほしいものがあったら言ってください」と言われたら、本当に「ほしいものリスト」をつくっちゃう。大家さんとかも「困ったことあったら言ってね」と言うんですけど、これも真に受ける。大家さんではないけど、ごはんだけでなく、もっとダイレクトに現金をくれたこともあります。ほかにはスーパーに買い物に行って、フルーツを買ってくれたりとか。

だから、多くの人って、何かを「したい」ものなんです。私も他の人に子供が生まれたら何かをしてあげたいでしょうし、自分が老人になったら、近所の子供をかわいがりたいですし。

――都会だと近所付き合いは希薄で、えらてんさんのようにはいかない気がします。

「ある」「ない」ではなくて、存在させるように動くかどうかじゃないでしょうか。おそらく「困ったことあったら」と言ってくれる人は確実にいるんですよ。違うのは、本当にそれに「ノリにいく」ということができるかどうか。

例えば、子供が生まれたら、親族とか友達とか近所の方とか、できるだけ多くの“ステークホルダー”に会わせに行って、「生まれましたよ」と報告します。これで他人事じゃなくなってしまいますからね。核家族化で親族付き合いが薄い人には、「非親族」にもその輪を広げていくのです。

――子育ては大変だから仲間を増やすべき、と。

土日などは保育所が預かってくれません。朝から晩まで子供を見るのって、率直に言うと大変なんです。

よく思うことがあって、毎日やっていると「仕事」なんですが、月に1回だと「遊び」になります。私は「エデン」というバーをやっていたのですが、バーテンダーを日替わりでお願いしていました。彼らにとっては1回だから「遊び」に感じるんです。それが週5回だと大変な「仕事」。

皆さんに想像してもらいたんですけど、トラック運転手を「やって」と言われたらきついと思うんです。それが、「月1回、大阪まで運転してお金をもらえる」としたら楽しいと思いませんか。旅行気分でたこ焼きを食べて帰ってきてお金ももらえる、と。もちろんトラックを運転できるかどうかは別としてです。毎日、トラックの運転手が変わると面白いじゃないかと。

――休日の子供の面倒も、バーと同様に日替わりでお願いするということですね。

だから、土日は誰かしら人を呼んでいるんです。Twitterで呼びかけて、「行きたい」「行っていいんですか?」という人も根こそぎ呼んでしまう。うちの狭い空間に8人とか、もう、“すし詰め状態”です。そして、「ちょっと息子を公園に遊びに行って連れてって」とかお願いします。でも時給は発生させないんです。かわりに「助かったんで、食事でもごちそうしようか」と、みんなで牛丼とか食べたりする。

大勢だと問題ありませんが、一人きりだと急には頼めないので、普段から“訓練”しておくんです。そして、「大役を任せたぞ」というときはちょっと豪華なご飯にするとか(笑)。

貨幣だけが"債権"ではない

――ご飯代だけで子供を見てもらえる、と。

子育てをしていくうえで必要なのはお金じゃなくて、人なんです。学習塾に払う「お金」が必要なのではなくて、勉強を教える「人」が必要なんです。私の場合ネットワークが極端なので、博士とか修士を取った人たちがうちに遊びに来るので、塾とかは必要ないんですよ。知的な会話をしてくれるので、学習塾に行かせなくても知的水準が高まると思っています。

子供の養育費に2,000万とか言われているのは、「2,000万円分の人」のことなんですよね。例えば食費だって加工と輸送と調理だって人がやっていることにかかるお金です。人を介したものだから人件費にお金を払っていると考えられます。だったら、自分とか仲間たちで済ませてしまえばよいわけです。都会だと自給自足は難しいですが、ある程度は賄えます。

――すべては人、という考えに至ったのは?

私は経済学部出身で、経済学を勉強していると、貨幣というのは相対的なものであるということに気づくわけです。貨幣というのは価値の一つの形態にすぎない、と。絶対的な基準ではないんです。お金の価値だって一定ではありません。なのに「2,000万円」という金額ばかりに皆さんはとらわれてしまいがちです。

「2,000万円」ではなくて、「2,000万円分の何か」だと考えるべきだと思います。それを分解してみると、公共サービスで展開されていたりする。もしくは、ずうずうしく人にお願いすることで、多くは解決できます。

――そう簡単にお願いできるものでしょうか?

私は特別な人間ではありません。ただ、自分も「ただ働き」しているんです。ほかの人が困っているときに駆けつけていた、ということ。その親切が貯金のようになって貯まっていくんです。その人から直接返してもらわなくてもいいんです。私もいろんな人を手助けしているので「いつも手助けしているから」という理由で助けてくれる人がいるんです。債権や債務というのも貨幣だけじゃないんだと思わせてくれます。

だから、お金がなくて結婚をためらっている人は、子連れの人のところに行って手伝いするのが一番意味のある事ではないでしょうか。それは確実に「投資」になります。

――子育てだけではなく老後の世話にもいえることでしょうか?

“親族ネットワーク”も、「助けてもらったから助ける」の親族版で、相互保険の一種。対価なくやっているつもりだけど、じつは対価はあります。

老後の面倒は自分で、という風潮もよくないですね。別に私は子供に面倒を見てもらう気もないですけど、「いざとなったらお互い頼る、助ける」というのはネットワークがあるかないかにかかっています。だから、いまいる老人を助けないと、自分も老人になったときに助けてもらえないぞと思っています。

――貯金はしなくてもいい?

お金は「ごく特殊な債権」なので、お金があるだけでは厳しいと思います。お金の価値も(相対的に)下がっている。新入社員の出世欲が落ちていると聞きます。ワークライフバランスを重視して、報酬が上がっても働きたくない、というわけですから、下の世代に「お前の介護なんかしたくないよ」と言われてしまったら、いくらお金を出しても面倒を見てくれなくなるんです。ただお金を貯めていくというのは、案外心細いものなんですよ。

\--
次回は、えらてん氏自身の結婚への考え方について話を聞いてみます。

[(https://amzn.to/32w1BTK)

<著者>
えらいてんちょう
1990年12月30日生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。
バーや塾の起業の経験から経営コンサルタント、YouTuber、著作家、投資家として活動中。2015年10月にリサイクルショップを開店し、その後、知人が廃業させる予定だった学習塾を受け継ぎ軌道に乗せる。2017年には地元・池袋でイベントバー「エデン」を開店させ、事業を拡大。その「エデン」が若者の間で人気を呼び、日本全国で10店、海外に2店(バンコクと中東)のフランチャイズ支店を展開。各地で話題となっている。昨年12月には初著書『しょぼい起業で生きていく』(イースト・プレス)を発売し、ベストセラーに。朝日新聞ほか多くのニュースメディアで取り上げられたことで幅広く支持されている。本書のほか『ビジネスで勝つネットゲリラ戦術詳説』『静止力 地元の名士になりなさい』と合わせて3冊を同時刊行YouTube「えらてんチャンネル」のチャンネル登録者数は約14万人(2019年6月現在)。