作陽、関西など3回戦に駒 夏の高校野球岡山大会第6日

©株式会社山陽新聞社

【関西―天城】関西6回裏1死三塁、岩本の右越え二塁打で6―1とする。捕手三宅亮=倉敷マスカット

 第101回全国高校野球選手権岡山大会第6日は18日、倉敷市のマスカットスタジアムなどで2回戦5試合があった。

 作陽は八回に4点を勝ち越し、シード校の玉島商を6―2で破った。東岡山工は和気閑谷に8―2で快勝。春の中国大会を制したAシードの関西は天城を9―2の七回コールドで退け、初戦を突破した。このほか、倉敷工と興譲館が3回戦に駒を進めた。

 備前緑陽―金光学園は5―5の七回、備前緑陽の攻撃中、降雨によるグラウンドコンディション不良のためノーゲーム。雨で中止となった学芸館―大安寺、津山工―興陽と合わせた3試合が19日、同スタジアムと倉敷市営球場で行われる。

 ▽2回戦

関西 貫いた積極性

天城

0001001|2

0400023x|9

関西

(七回コールド)

▽二塁打 三宅亮、星島、白井2、石野、岩本、片山、熊丸▽暴投 村国4、赤穂

 【評】関西が15安打で快勝した。二回、片山、石野、渡辺、塩見の4連打と敵失、白井の左中間二塁打で4点。六回は岩本の右越え二塁打、七回は熊丸の右中間二塁打などで得点を重ねた。右腕赤穂は8安打を浴びながら要所を締め、9三振を奪った。

 天城は四回、二飛で三走星島が本塁を突くなど積極的に攻めたが、投手陣が打ち込まれた。

作陽 磨いた打撃

玉島商

000100010|2

11000004x|6

作陽

▽三塁打 森下▽二塁打 渡辺柊、松井2、後藤、松沢2▽捕逸 吉岡

 【評】作陽は2―2の八回、死球と敵失などで2死満塁とし、松沢が走者一掃の左越え二塁打を放ち勝ち越し。松井も適時二塁打で続いた。後藤を含めた2~4番がチームの全6打点をたたき出した。左腕加藤は緩急が効果的で2失点完投。

 玉島商は八回のピンチを招いた失策が悔やまれる。打線は散発。吉岡が四回に中犠飛、八回に同点適時打と気を吐いた。

東岡山工 見せた足技

和気閑谷

000200000|2

11501000x|8

東岡山工

▽三塁打 長野、木田▽二塁打 日野、高畠、山家、藤野▽暴投 田中陽、山家

 【評】東岡山工は三回までに大量リードを奪った。一回2死三塁から河本の内野安打で先制。二回に1点を追加すると、三回は先頭山家の二塁打など5長短打を集め一挙5点。打線は15安打を放ち、8盗塁を成功させた。守っては3投手の継投で危なげなかった。

 和気閑谷は序盤で流れを失い、反撃も日野の中越え適時二塁打による四回の2点にとどまった。

倉敷工逃げ切る

津山商

000010011|3

00100210x|4

倉敷工

▽二塁打 行田、村中2▽暴投 石井

 【評】倉敷工が逃げ切った。1―1の六回、2死二塁で仁熊の内野ゴロが悪送球を誘い、勝ち越すと、さらに敵失で1点。七回は2死一、三塁から重盗で追加点を挙げた。外野の後藤、村中が好返球で本塁生還を計3度阻止したのも大きい。

 津山商は5失策がほぼ失点に直結。打線は九回に1点を返し、なお1死満塁の好機を生かせなかった。

興譲館打ち勝つ

興譲館

054010000|10

040020000|6

鷲羽

▽本塁打 高畠、芦内

▽三塁打 太宰▽二塁打 福本、長畑、下浦、西園▽暴投 芦内

 【評】興譲館が先発全員の16安打で打ち勝った。二回に青木、長畑、芦内の3連続短長打など打者10人で一挙5点。1点差とされた三回は高畠の3点本塁打、五回は芦内のソロで突き放した。六回から継投した渡辺、山本が無失点に封じ、相手の追撃を振り切った。

 鷲羽は11安打と打線が活発だったが、序盤の大量失点が重すぎた。