ロサンゼルスのマリファナのおはなし

人気のヘンプ美容 CBDコスメを試してみました!

©Weekly LALALA, LLC

 私がCBDを生活に取り入れるようになってから約2年が経ちますが、ずっと気になっていてまだ経験していなかったものがあります。それはCBDコスメ!

 

●写真1

 

ロサンゼルスではCBDやヘンプオイルを使ったパック、美容液、フェイスクリーム、リップ、石鹸からシャンプー ・コンディショナーまで、幅広いアイテム展開で人々を魅了しています。私自身は、肌トラブルとはあまり縁がないタイプで(美肌大国、母方の韓国の血に感謝!)、たまに生理前かお菓子を食べ過ぎた時におでこにできるくらいですが、肌荒れでお悩みの方からのCBDの評判は良いようです。

©Weekly LALALA

 人々を悩ますニキビやアトピーなどの肌トラブル、そしてエイジング。はたしてCBD効果は期待できるのでしょうか・・・。

  人間の体には頭のてっぺんからつま先、内臓にまでCBD受容体があり、皮膚にもあります。皮膚の表面だけではなくさらに毛穴、なんと皮脂腺にまで。CBDには抗炎症作用・抗酸化作用があり、肌にはCBD受容体があるということは、論理的にみると肌への効果が期待できます。

  CBDの抗炎症作用がニキビの炎症を抑え、さらに皮脂腺が分泌する皮脂の量を調節しアトピーなどによる乾燥肌をやわらげるほか、抗酸化作用が働き、アンチエイジング効果に繋がります。

  研究者や業界関係者の一部では、十分な研究が人間の肌で行われていないのが現実だと、指摘する声もありますが、その声をよそにCBDコスメの注目度は高まっています。

  私の友人は日焼けで真っ赤になった肌にCBDクリームを塗ったら、すごくよくなったと話しています。抗炎症作用の効果のおかげということでしょうね。  

 先日は、Blue Dreamzツアーでクライアント様と立ち寄ったCBDショップで、物は試しと思い、アイソレートのCBD 30mg(CBD以外のカナビノイドは入っていません)と、アロエが入ったコラーゲンマスクを購入。一枚で$20と少しお値段は張るのですが、お店のお姉さん曰く、中の美容液は捨てずに3~4回は使えるわよ、とのこと。

使用感は普通のパックと変わりません(©Weekly LALALA)
パックを浸してある中の美容液(©Weekly LALALA)
店頭でも相当売れているそうです(©Weekly LALALA)

  さっそく使ってみました!

 感想は、若干アルコールの刺激でピリピリ感はありましたが、パック後のお肌はモチモチ!コスメは、使い続けてみてこそ効果がわかるというもの。また試してみようと思います!

【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

■アドバイザー
Blue Dreamz

茨城県出身、2010年にファッションバイヤーになるのを夢見て、1年間の語学留学でロサンゼルスに渡米。その後メルローズ沿いの洋服屋に販売員/マネージャーとして勤務、独自のセンスを生かし、自身のセレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中でカリフォルニアの医療用大麻というものを知り、日本との大麻に対する価値観の違いに衝撃を受け、自らリサーチを始める。

「日本人にとって大麻はドラッグのイメージがあります。小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国の事情をお届けし、少しでも偏見がなくなればと思います」

インスタグラム @bluedreamz