オンライン美術館「iiwii」NY展開催

7月25日から28日マンハッタンで

©NEW YORK SEIKATSU PRESS, INC.

 日本の俳優でアーティストの坂東工が気鋭のアーティストとともに立ち上げたオンライン美術館「イーウィー(iiwii)」が、初となる第1回展示会を25日(木)から28日(日)まで、トライベッカにあるギャラリー、ワン・アート・スペース(23 Warren Street)で開催する。

坂東が製作したNHK大河ドラマ「西郷どん」で使用した渡辺謙氏の衣装2点をはじめ、絵画や彫刻、ジュエリー、イラストレーション、写真、陶芸、人形など、10人のアーティストによる作品を展示する。

「硫黄島」などハリウッド映画にも出演、バチェラー・ジャパンの司会、そして自らも表現者としての衝動を作品として生み出すアーティスト坂東。ニューヨーク展について「iiwiiの存在をいかにして世界中の人々に広めていくか? 我々の作り出すアートを体感し、正確な反応、評価を得れる場所はどこか? 企業として資金と広告より効果的に使用していく方法は何か? そして何よりも、我々自身が『これがおもしろい!』と思える企画は何か? その答えのひとつが、世界のアートの中心地であるニューヨークでの展示会であると考える。iiwiiはニューヨークの息吹を浴び、アーティストはさらなる創作へのモチべーションを持ち、よりアートへの関心を高めていく。10人のアーティストが織りなす、iiwiiの世界をぜひ楽しんでいただきたい」と話す。

詳細はウェブサイト https://iiwii.art/