【MLB】大谷翔平、12試合ぶりベンチスタート 復帰のトラウトが「2番・DH」で出場

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

前日の同戦では2試合連続、今季21度目のマルチ安打をマークし打率を.303に上昇

■エンゼルス – アストロズ(日本時間19日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地のアストロズ戦でスタメンを外れ12試合ぶりのベンチスタートとなった。代打で待機し後半戦初アーチとなる15号本塁打に期待がかかる。DHにはトラウトが入った。

 前日の同戦では5回の第3打席で左前打を放つなど3打数2安打1四球の活躍。2試合連続、今季21度目のマルチ安打と好調を維持し打率は.303に上昇した。

 この日の相手先発は左腕ウェード・マイリー。ここまで19試合に登板し7勝4敗、防御率3.32の成績を残している。ここまで自己最長の13試合連続出塁を記録し打率.303、14本塁打40打点と好調を維持する大谷。7日(同8日)のアストロズ戦以来、7試合ぶり後半戦初アーチに期待がかかる。

 大谷に代わり指名打者には右ふくらはぎ痛で3試合連続でスタメンを外れていたトラウトが「2番・DH」で復帰。大谷は代打待機となり勝負所での起用になりそうだ

【エンゼルス】
1(三)フレッチャー
2(指)トラウト
3(左)アップトン
4(遊)シモンズ
5(一)プホルス
6(右)カルフーン
7(二)レンヒーフォ
8(中)グッドウィン
9(捕)ガーノー
投手 ハービー(Full-Count編集部)