FC琉球と台湾サッカー協会がパートナーシップ協定を締結

©株式会社琉球新報社

 サッカーJ2のFC琉球は15日、台湾サッカー協会(CTFA)と包括的パートナーシップ協定を締結した。琉球の倉林啓士郎会長と同協会の邱義仁理事は同日、台北市内で調印式を行った。同協定は選手交換などを行い、より一層、交流関係を深めていくことを目的にしている。

 球団は公式ホームページで「台湾サッカーファミリーとより親密なクラブとなり、両地域のさらなる友情と協力関係の象徴になれるよう、関係を築いていきたい」とコメントした。